中国語 通信講座

中国語の通信講座で上達におすすめの教材がこれです。

私にとって一番上達を実感できた中国語教材。

 

私の夫は電器メーカーで技術者をしています。

 

たまに中国に出張になるんですけど、現地の中国人は結構日本語を喋る人が多くて、
困ることはあんまりないみたいなんです。

 

でも、やっぱりせっかく行くんだから中国語を少しでもマスターして、
現地の人たちと会話ができたらいいなとはぼんやり考えているそうです。

 

しかし、会社で行われる決まった曜日時間の中国語会話の研修は、
業務が多忙なこともあってなかなか受講できずにいたんです。

 

そんなときに、会社の研修のメニューに、中国語の通信講座が出ていたそうです。
授業料の補助もあるということで、早速受講することにしたみたいです。

 

通信講座のメリットは、やはり自分の時間に合わせて進めることができることです。
耳を慣らすための教材のCDも、iPodに落として通勤途中に聞くようにして、
なるべく中国語に触れる機会を作るようにしています。

 

通信講座を受けはじめて半年くらいたったときに、中国出張の機会がありました。
そこでは現地の中国人となるべく中国語で少しでも会話をしてから、
業務にとりかかるようにしたところ、相手の反応が全然違ったそうです。
やっぱり自分の国の言葉を覚えてきたというのはあちらとしてもうれしいことなのでしょう。

 

 

もう1年くらいになりますが、今でも少しずつですが自分のペースで続けていて、
簡単なセンテンスなら聞き取りもできるようになってきて、ちょっとうれしいみたいです。
目標は現地での業務も中国語でできるようになること。
まだ道のりは長いですががんばっているそうです。

 

そうこうしているうちに中国への転勤が決まりました。
人生何が起こるかわからないものです。

 

ということで、私も中国語を通信講座で勉強中です。

 

 

ps

 

私が一番上達を実感できた中国語の教材がこちらです。
とてもわかりやすくて丁寧な内容なので、挫折することなく続けられました。

 

中国語の通信教育で勉強中

 

今年の5月、主人の中国への転勤が決まってしまいました。
転勤して3ヵ月がたちました。

 

勤務中は通訳の方がついてくださったり、日本語がしゃべれる
中国の方が相手だったりして困ることはないそうですが、
勤務が終わってからの食事であったり休日の買い物であったり
やっぱり困る事が多いそうです。

 

なんとか中国語をマスターできないかと思っているのですが
中国にいるのですから語学学校の通うわけにもいきません。

 

その点通信教育なら日本から教材をもって中国に行けばいいだけですし、
仕事の合間など空いた時間に勉強できます。

 

流して聞くだけでかんたんな中国語の会話などが自然と
身についてきますし、本場の中国にいるのですから
覚えた事を実践してみる事もすぐできます。

 

聞いて覚えた中国語なので発音も問題ないようです。
頑張って職場中国の方と会話する事をスムーズにこなし
人間関係を築いていく事を目標にしているようです。

 

私達家族もそのうち主人の赴任先には遊びに行ってみたいと
思っていますし、観光案内位できるようになっておいてくれると
うれしいなと思っています。

 

 

ps

 

私が一番上達を実感できた中国語の教材がこちらです。
とてもわかりやすくて丁寧な内容なので、挫折することなく続けられました。

 

中国語を習うならやっぱり通信講座でしょ

 

わたしは短大で中国語学科に進み、それなりに話せるようになり、ボランティア通訳をしたり、
中国貿易の商社に就職もしました。

 

そうして今から20年ほど前、貿易商社を退職し、中国語とは無関係の、
のんびりとした主婦生活を送っています。

 

ですから、中国語は殆ど忘れてしまいました。

 

 

ボランティア通訳をしていた頃に知り合った中国人の友人がいます。
友人は日本語が話せません。
そして友人はわたしがいつまでも中国語を話せると思っています。

 

昔はメールもなく、連絡は手紙のみでした。

 

 

ところが数年前から、メールでやりとりしよう、と言うことになり、
返信しようとして、あまりに自分の中国語の忘れっぷりにショックを受けました。

 

そこで、手軽に勉強できる手段が通信講座でした。

 

基礎は分かっているつもりなので、音を聞けばあれよあれよと思い出します。

 

やりたい時間に出来ることも通信講座の魅力です。

 

無理をせず、気軽に・・・というのがわたしのモットーなので、通信講座は最適です。

 

 

愉しいですね。勉強は。

 

子供たちと一緒に勉強しています。頭の柔らかい、中国語初心者の子供たちに負けないように。

 

ps

 

私が一番上達を実感できた中国語の教材がこちらです。
とてもわかりやすくて丁寧な内容なので、挫折することなく続けられました。

 

page top